マーケティング戦略から資金調達まで経営をトータルサポート

中小企業の救世主「経営コンサルタント」とは

MENU

これから目指す方・依頼したい方の目線で解説

 

コンサルタントのイメージ写真

 

「コンサルタント」とは色々な種類がある職業です。
例えば医療系の事柄に詳しい「医療コンサルタント」、農業に精通している「農業コンサルタント」、ITシステムに詳しい「ITコンサルタント」など、世の中に様々ある職種に精通しており、その分野の問題を解決する専門コンサルタントが存在しています。

 

その中でも「経営コンサルタント」とは、主に企業における経営、財務、労務など経営に関わる問題を支援してくれるコンサルタントのことを言います。

 

コンサルタントとは、企業が行っている事業や労働の問題に関して、社内の人たちでは解決する手段がない場合に、外部(コンサルタント)に依頼をすることで、依頼主の要望に沿った解決方法を指南する仕事の事です。

 

話し合うビジネスマン

業種によって解決方法やその手段が異なるので、それに柔軟に対応できなければなりません。
経営コンサルタントの行っている仕事内容は、企業の経営方法、営業やマーケティング方法など、企業の業種や依頼内容にあった解決方法を見つけることです。

 

経営コンサルタントの仕事方法にはさまざまな活躍方法があり、依頼されている企業を定期的に訪問して指導する方法社員研修などを行う方法企業の依頼内容を達成したときに報酬を受け取る方法などがあります。
その他にも講演会や本などを執筆している経営コンサルタントもいます。

 

どのような企業の求める問題を解決するためにどのような指導方法がよいのか、経営コンサルタントとよく話し合う必要があります。

 

 

経営コンサルタントの資格

経営コンサルタントの中には「中小企業診断士」「社会保険労務士」「公認会計士」などの国家資格を取得している人もいます。

 

中小企業診断士

「中小企業診断士」とは、中小企業支援法に基づいた国家資格で、中小企業の経営についての診断や助言などを行える資格のことです。

 

社会保険労務士

「社会保険労務士」とは、社会保険労務士法に基づいた国家資格で、主に企業に勤める労働者に対して、労務管理や社会保険などに対する指導などを行う資格のことを言います。

 

公認会計士

「公認会計士」は金融庁の行う国家資格で、企業の財務の監査や税務などを行える資格のことです。

 

その他にも民間資格ではありますが、「経営士」という資格を取得している事もあります。
経営士とは、その名の通り経営に対する指導を行える資格のことです。

 

また、企業が海外進出するのをサポートするための、国際公認経営コンサルティング協議会の認定資格などを取得していることもあります。

 

経営コンサルタントの中でも、このようにさまざまな資格を取得していたり、得意な分野を持っている事があるので、経営コンサルタントに依頼する場合、依頼する内容に特化したコンサルタントを探す必要があります。

 

また、経営コンサルタントという職業自体には特に資格が必要なものではないので、このように他のさまざまな資格を取得していたり、より多くの経験を持っている人を選ぶほうが、より安心して任せる事ができるでしょう。

 

経営コンサルティングには、企業が手をこまねいている問題の原因を特定し、その解決方法を導き出す、という役割があります。

 

そのため、経営コンサルティングには多くの知識、経験、情報収集力、決断力、実行力などが必要になります。

 

経営コンサルタントは主にコンサルティング会社で働いていますが、独立して事務所を開業している人も居ます。
どのくらいの知識や実力があるかを、相談時に確認するようにするとよいでしょう。大きいコンサルティング会社であれば、コンサルタントを変更する事ができる場合もあります。

 

資金調達

また、会社を経営している方、これから立ち上げることをお考えの方にとって欠かせない問題が「資金調達」です。
資金調達には様々な方法がありますが中でも注目したいのはファクタリングです。
不渡りのリスクが無く、良い会社を見つけることができればどの方法よりも安心して資金調達することができます。