外資系コンサルはスタッフのレベルが高く、全体的に成功率が高いです。

外資系コンサルタントに依頼をするメリット・デメリット

MENU

外資系経営コンサルに依頼するメリットデメリット

外資系経営コンサル会社は全体的に大企業を相手にする戦略系コンサルティングを得意にする会社が多いです。
外資系で最も多いのはアメリカで、そのほかヨーロッパ系の企業が日本で活躍しています。

 

外資系コンサルのイメージ

 

日本よりも大きなマーケットで成功している実績があるので、主要な経営戦略コンサルティングファームはほぼ外資系が占めています。
昨今は外資系でも、中小企業を対象にしたコンサルも行うケースが増えています。

 

外資系会社の特徴は結果主義で、決められた期間内に成果を出すことを得意にしています。
スタッフに対しての評価がシビアで離職率が高く、高待遇により優秀な人材のヘッドハンティングを得意にしています。
Up or Out(昇進するか、さもなくば去れ)の文化を持っていて、正社員雇用でも退職勧告をされることは珍しくありません。
成果主義、実力主義は国内のコンサル会社にも共通している部分がありますが、外資系は日系企業よりもシビアです。

 

つまり、スタッフのレベルが高いため、外資系コンサルに依頼する場合は全体的に成功率が高いです。
文化や人柄は日本特有のものがあるので、接客や営業マンのレベルアップなどの分野は国内企業の方が優れていましたが、優秀な人材確保によって外資系コンサルでも、日本人に合った高いマネジメント能力を持った会社が増えています。

 

 

外資系コンサルは激務で高給与

コンサル業界は全般的に激務で勤務時間が長いです。
日系企業にも共通していることですが、比較すると外資系の方が高給与を用意してスタッフに求める物が大きいです。
数字が出ないと生き残れない業界なので、スタッフは契約やコンサル案件で結果を残すために必死になって動いてくれます。

 

依頼してからのことで考えれば、従業員が期間中に退職するリスクはあるものの、社員全員のレベルが高いので結果の出やすいメリットがあります。
ただしガツガツしていて、一度相談するとコンサル契約を結ぶまでは、しつこい営業を受ける可能性があります。

 

コンサルを利用する意思は決まっていて、どこの会社にするか迷っている方は外資系も候補に入れることをオススメします。
経営コンサルの利用を検討している段階で、まずは相談だけしてみたい場合は外資系コンサルに相談した結果、強引な勧誘を受けるリスクがあるので慎重に検討してください。

 

歩合給の割合が高いので、簡易的なプランを希望していていも総合コンサルプランを強く勧められることもあります。

 

 

国内の歴史が日系企業より古い

コンサル業務はアメリカで誕生して外資系企業が日本へ参戦したことで広まった実績を持っています。
しかし、日本の文化に合わずに当初は失敗事例も多かったです。
そこで日本向けに応用した日系コンサル業者が増えていきます。

 

外資系コンサル会社も少しずつ日本の文化に対応させてきた実績を持ち、現場で働くスタッフの大半は日本人です。
つまり、外資系も日本に順応できるように日々進化してきています。
国内のビジネスにおいて日系外資系企業の方が優れているという考え方は間違っています。