規模の大きい経営コンサルティング企業も増え、外資系の企業も多く見受けられるようになりました。

国内における経営コンサルティング従事者数と傾向

MENU

国内の経営コンサルタント従事者

 

国内における「経営コンサルティング」と呼ばれる人たちは年々増え続けています。
その理由のひとつに、経営コンサルティングという職種には必須の資格が無い為、ということがあります。

 

しかし、経営コンサルティングを名乗っても、きちんとクライアントから任された依頼を達成する事が出来なければ、経営コンサルティングとしての事業はすぐに頓挫してしまいます。

 

経営コンサルタントとして働く人

 

そのため、ある程度の知識、経験などを兼ね備えてなければ、経営コンサルタントとしての仕事を続ける事はできません。

 

経営コンサルティングを名乗る人たちのほとんどが「MBA」や「中小企業診断士」という国家資格など経営に関する資格を取得している事がほとんどです。
また、求人などから経営コンサルタントになる場合、会計事務所や事業経営に対する経験がないと難しい事が多いです。

 

経営コンサルティングを経営する企業も年々増え続けています。
規模の大きい経営コンサルティング企業も増えてきており、年間の売上高が1億円以上を越える企業も多く見受けられるようになりました。

 

経営コンサルティング一人が稼ぐことができる金額も数千万円規模が多くなってきました。
そのため、トップコンサルタントであれば、年収が数千万円ほど稼ぐ人もいます。

 

しかし、経営コンサルティングの仕事をしている個人のキャリアや仕事量によって年収はさまざまになります。

 

また、経営コンサルティングを経営している企業の多くは東京都に本社を置いていることが多く、外資系の経営コンサルティング企業も多く見受けられるようになりました。

 

国内のコンサルティング会社よりも外資系のコンサルティング会社の方が従事者の年収が高い事が多いようです。

 

経営コンサルタントの年収