トップコンサルタントとなるには、どれだけ案件を無事にこなしてきたかによります。

経営コンサルタントの労働環境・年収について

MENU

経営コンサルタントの労働環境など

 

経営コンサルタントの仕事内容は、企業から依頼を受け、企業が問題としている内容の原因の調査・分析、それに対する資料の収集、問題を解決する為のプレゼン作成、それらを提出する為の締め切り、クライアントの打ち合わせなどがあり、労働時間はその依頼を受けた各自に任せられているのがほとんどです。

 

企業からの案件は短期間の契約が多く、時間もあまりかけられないですし、より完璧なものを作成する必要があります。

 

そのため、個人が抱えている仕事量やその案件量などで、労働時間が変わってきます。
案件を大量に抱えていたり、案件の内容によって手間取ってしまったりすると、自分の時間を作れないほど仕事に追われることもあります。

 

街を歩くビジネスマン

 

その反面、関わっている案件があまり無かったり、仕事が落ち着くと長期で休暇を取る事が出来たり、労働時間を短縮する事も可能です。

 

年収について

仕事が激務である事が多い反面、他の職種よりも年収が高い事が多く、20代でも500万前後トップコンサルタントともなると、年収2,000万円台というのも夢ではなく、トップコンサルタントとなるにはどれだけ案件を無事にこなしてきたか、によるので、30代でもトップコンサルタントになる事も可能です。

 

しかし、経営コンサルタントは年収が多くとも激務がネックになり、退職者が多い職種です。
退職する人たちの理由は家庭やプライベートな時間を全く取れない、という事がほとんどです。

 

また経験さえあれば独立して仕事をする事も可能なので、自分で事務所を立ち上げる為退職する人も居ますし、他のコンサルティング会社からヘッドハンティングされることもあります。

 

特に国内のコンサルティング会社よりも外資系のコンサルティング会社の方が年収が高い事が多いため、より年収の高いほうに転職する事もあります。