導き出した解決方法が適切であったのか、その後のアフターフォローも必要になります。

経営問題点の調査・分析-解決方法を探し出すには

MENU

経営問題点の調査・分析

 

経営の問題と言うのは、企業によって原因が異なります。
そのため解決方法もその企業にあった方法を探し出す必要があります。
経営の問題を解決するには、その原因を調査・分析し、それにあった対策方法を導き出す必要があります。

 

経営の問題は売り上げなどの収益だけの問題にとどまりません。企業の組織に配属されている従業員の力量や適正能力など内部の問題にも及びます。

 

そのため全ての部門の従業員や、内部情報を全て洗い出さなければなりません。
企業の内部を精査しなければ企業の収益を上げる事は不可能なのです。

 

調査の流れ

まずは企業の経営ビジョンについてカウンセリングを行います。そしてそのビジョンを達成する為に、経営の問題点を探し出します。

 

その為には、企業の組織を全てチェックして分析するところからはじまります。
分析方法には各部門の資料の再確認、配属されている従業員のヒアリングなどを行い、組織内部の問題点や課題を見つけ出します。

 

そして各部門の総評価を導き出し、組織の仕組みをより良くするための検証を行います。

 

そして企業が求めているビジョンにどうしたら到達できるのかを各部門の分析を元に洗い出す必要があります。
企業内部の状態を改善したら、今度は市場の分析をする必要があります。

 

企業が関わっている分野の市場の動向を見極め、どうすれば企業の求めるビジョンを達成する事が出来るのか検証しなければなりません。
市場の分析を踏まえ、企業のビジョンに達する為の商品の開発、売り方などのツールを考える必要があります。

 

解決方法を導き出してもそれで終わりにはなりません。その方法で本当に適切であったのか、その後のアフターフォローも必要になります。
一度導き出した方法でうまくいかなければ、もう一度新たに導き出す必要があります。