ネットショップ向けの経営コンサルの種類について解説いたします。

ネットショップの経営コンサルの種類-求められる能力とは

MENU

ネットショップの経営コンサル

ネットショッピングイメージ

ネットショップの経営コンサルは、楽天などの大手ECサイト、自社のオリジナルECサイトの企画やデザイン、新しくネット通販に参戦する業者の支援などを行っています。
ネットショップで最も重要なのは仕入れ力です。
同じ物を売る場合、消費者は価格の安さを最優先します。大手ECサイトや価格比較サイトで最安値を取れれば大きな売上を期待できるものです。

 

ネットショップにおける経営コンサルは、こうした多数の業者が扱う価格勝負の商材には向いていません。
ネット通販でも取り扱いの少ない商品やオリジナル品を効率的にネットで売ることを得意にしています。

 

 

ネットショップ向け経営コンサルの種類

  • ページデザイン(楽天など)
  • 運営代行
  • 自社のオリジナル通販サイトの作成
  • 物流、発送業務などの効率化
  • SEO対策

 

基本的に経営コンサルは仕入れ業務については口出しせず、既存の商品や仕入単価に応じて利益を出す方法を提案します。
ネットショップが売上を伸ばす場合は広告を使う方法があります。

 

お金さえかければ売上はアップしますが、広告費用によって利益率は下がり、掲載を終了すると一気に売上が落ちてしまうデメリットがあります。
ネット通販のノウハウがない経営者は広告費用で損害を出すケースも珍しくありません。

 

コンサルを使えば広告に依存しない営業戦略を立てたり、広告に対しての費用対効果の分析をするので、利益を伸ばすための効率的な広告活動ができます。

 

取り扱い商品の多い場合は、運営代行や物流システムの再構築などを行う場合もあります。
利用事例として多いのは、それまで店頭で売っていたものをネット通販で売る方法です。
既存顧客は公式ホームページで通販を始めたことを認知してくれますが、ネット通販のメリットは買い手を全国から集められることです。
自社製品などオリジナル商品のネット販売はコンサル会社を利用することで大幅に売上を増やせる可能性があります。

 

 

コンサルタントに求められる能力

もっとも重要なのはマーケティング能力です。
売りたい商品の市場規模やライバル情報をリサーチして、価格設定の選定や認知してもらうためにどのような手法を取るのが最適か計算しないといけません。

 

特定の手法だけではなく、幅広い方法を提案できる引き出しの多さが重要で、オリジナルサイトの作成やSEOサイト、販売ページやネットチラシを作る場合はWeb製作のスキルが必要です。
営業担当とWeb担当で分けていることが多いですが、勤務する会社の強みによってコンサルの幅や精度は変わってきます。
ネットショップに専門性のあるコンサル会社に就職する場合は、外注を使わずに自社でできる領域や、実績を確認しておくとよいでしょう。

 

個人事業主やネットビジネスに初参入する年配の経営者が多いので、用語を使わずに分かりやすく説明する能力を求められます。
利用者は自分でネット広告を出す方法も比較検討しているので、プレゼンする時の説得力が重要です。
SEO対策や広告の活用などやり方次第で結果に求められるスピードが異なるので状況に応じて臨機応変に対応をしないといけません。

 

飲食業の経営コンサルタント