小売店の経営コンサルは消費者目線の店舗作りのノウハウとプレゼン能力が求められます。

小売店の経営コンサルタントが行うこと-経営者のメリットを考える

MENU

小売店の経営コンサル

小売店は決められた立地と店舗の中で、いかに効率良く集客して在庫を回転させられるかが成功のカギです。
人件費と仕入れ費用など運営コストが課題になり、経営コンサルは試行錯誤をしながら改善するのではなく、データに落として最短距離でお店の魅力を最適化する必要があります。

 

個人経営など小規模な小売店は、増加する大型商業施設に対抗するための強みを出したり、差別化をする必要があります。
複数店舗展開する大手チェーンなら、物流や人材育成から見直しをして運営コストを下げることが鍵になります。

 

 

小売業コンサルティングが行うこと

資料の説明をするビジネスマン

  • 中期経営計画策定
  • 人事や人材育成の見直し
  • 来店客調査、組織活性化調査、店舗診断などのデータによる明確化と改善点の提案
  • ライバル店など近隣の市場調査

 

小売店は立地と規模によって状況は変わってきます。
長年運営しているお店であれば、すでに近隣の客からは高額、品揃えが悪いなどネガティブなイメージを持たれているものです。
まずは赤字覚悟の特売をしたり広告活動を強化して集客を行い、そこから客を減らさずに利益率を高める方法を考えます。
慢性的な人手不足が深刻なところは、従業員の労働条件や評価制度、研修方法、業務効率を見直して働きやすい環境に変えます。

 

総合的なコンサルティングを行うのではなく、複数のプランを用意して、依頼者からの要望や相談を行い、どのプランをコンサルティングをするのか決めるのが一般的です。
飲食業のコンサルは、「こうした方が客が利用しやすい」という経験による指摘だけで対処できることが多いですが、小売業の場合は陳列スペースに対しての利益率を全てデータに落とすなど、細かい数字を出す要素が大きいです。

 

 

経営者にとってのメリットを考える

小売店の経営を変えるには、何をするにもコストと労力がかかります。
売り場の配置替えをするには、相応の時間と人件費がかかりますし、営業時間や従業員の給料は良い方向に変えることは簡単ですが、営業時間短縮や給料を下げることは難しいです。

 

自力で失敗を繰り返しながら最適な経営方法を見つけるのはコストが高いですし、試行錯誤しながらコロコロ運営方針を変えると客とスタッフの双方から信用をなくしてしまうものです。
経営コンサルは、コンサル料は取られても業績回復に向けての取り組みで遠回りさせないことで経営者にとってのメリットを出します。

 

全てのノウハウや改善方法を事前に提示してはいけませんが、どうやって短期間かつ低コストで改善できるのかを根拠のある説明をする必要があります。
客の信用を得る上で重要なのは、実績と専門知識です。
大手チェーンの上層部で勤務していた実績を持つ人など、元業界人が活躍するケースの多いカテゴリーで、肩書きがないのでれば会社として多数の成功例を残した実績を必要にします。

 

小売店の業務改革は失敗した時のリスクが高いので、経営者も慎重になるものです。
コンサルタントは消費者目線で利用しやすい店舗を作るノウハウと、経営者に信頼を与えるだけのプレゼン能力が求められます。