市場分析をするには、経営戦略を立ち上げる企業が得意とする分野でなければ意味がありません。

まずは目標の設定から!-経営戦略の立案の流れを解説

MENU

経営戦略を立案する

 

経営戦略を立案する為にはまずは経営理念や経営ビジョンをきっちり立ち上げる必要があります。
目標をあらかじめ立てておくことにより、経営戦略を立案しやすくなります。

 

その後、企業の内部環境を分析していきます。経営戦略は売り上げの収支だけの問題だけではありません。

 

内部の環境をよくして、従業員がよりよく働ける環境づくりをする事も大事です。
また、部署ごとの資金の流れやその用途についてもきちんと再確認する必要があります。

 

ドメインの決定

そして経営の根本である売り上げに関わる「ドメイン」を決定する必要があります。

「ドメイン」とは商品を売り上げる相手である顧客を見極め、その顧客が何を求めているか、と言うことです。

 

顧客や商品の概要が見えたら、今度は市場分析をする必要があります。
どうすればその市場の競合企業や、それらよりどうしたら勝ち上がる事が出来るのか、また、企業がターゲットとする顧客がどうすれば商品に価値を見出してしまうのか、などを分析するのです。

 

分析イメージ

 

とはいえ、経営戦略を立ち上げる企業が得意とする分野でなければ意味がありません。
自社の強み、と言うものを発揮できる内容でなければ、計画が途中で破綻してしまう恐れもありますし、今後、その強みを生かして他の顧客に売り出していくことも想定しなければなりません。

 

その上で他の企業に勝るような内容を考える必要があります。
そこで考えた企画を実現させる為に何をしたらよいのか、何を資金源にするかなどを検討します。

 

そのようにさまざまな分析を終え、それらを1つにまとめ上げたものが、「経営戦略」となるのです。
しかし、立ち上げた経営戦略はそのままうまくいくとも限りません。予期しない結果が起きた場合、それに柔軟に対応することが必要になります。