助成金や補助金が申請できるか、公的機関のホームページや役所などで確認をしましょう。

企業経営における資金調達の方法-金融機関以外の方法とは

MENU

資金調達方法

 

経営の資金調達イメージ

 

企業を経営するにあたり、資金調達の方法を考えておく事は必須です。
当たり前の事ですが、企業を経営するのにお金がなくなってしまえば、企業は倒産せざるを得ない状態になってしまうからです。

 

資金調達をしなくても企業を経営する事はほぼ不可能に近いといえるでしょう。
企業経営における資金調達の方法とは、どのようなものがあるのでしょうか?

 

銀行や信用金庫など金融機関からの融資

誰しも資金調達の方法としてまず最初に思いつくのは、金融機関からの融資を受ける、と言う方法でしょう。
とはいえ、企業の規模によって資金調達の額にも限界が出てきますし、条件によっては融資が難しい場合もあります。
また、企業当初の会社など、まだ他社からの信用や取引が少ない状態では融資を受けにくい場合もあります。

 

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫とは、財務省所管の特殊法人です。
さまざまな融資制度が用意されており、融資の申請内容によって融資限度額や条件や融資期間などが異なってくるので、詳しくは日本政策金融公庫のホームページを確認してみるとよいでしょう。

 

信用保証協会

信用保証協会は、信用保証協会法に基づき、中小企業や小規模の事業者を支援する為に設立された公的な機関です。
業種によって従業員がどのくらい在籍しているか、資本金はどのくらいあるか、など融資が利用できる条件が異なります。詳しくは信用保証協会のホームページなどで確認してみるとよいでしょう。

 

助成金や補助金の申し込み

気がつかなかっただけで申請をすればもらえるお金があるかもしれません。
公的機関のホームページや役所などで確認をし、該当するものがあれば申請しましょう。
ただ、申請から入金までは時間がかかってしまう場合があります。